ラウンジとは?キャバクラとの違いを徹底解説

キャバクラで働く上で、知っておきたいラウンジとの違い

キャバクラもラウンジも女の子が男の人の接客をすることには違いありません。

では、どのようなところが違うのでしょうか?

本記事ではキャバクラとラウンジの気になる違いについて解説します。

目次

ラウンジはどんなところ?

おおまかな仕事の内容はキャバクラと同じラウンジですが、ラウンジとキャバクラの大きな違いと言えば「ママ」の存在があげられます。

キャバクラは、お店のルールはありますが基本的にはその下に直接自分がいます。

ところが、ラウンジとなると「お店のルール=ママ」であるとともに、お店のルールの下にママがいて、そのさらに下に自分がいるというような構図になります。

そのため、ママのキャラクターや考え方などが自分自身の方針以上に意味を持つという側面があります。

また、料金体系もキャバクラと違っており、時間制で料金を取るのではなく初めにチャージを取りフリータイムでずっといることが出来るようになっていることが多いです。

その他、ハウスボトルがなかったりするなど、キャストやお客様の年齢もキャバクラと比べて高めだというのも特徴です。

ラウンジとキャバクラの接客方法は違う

さらに、大きな違いはその接客方法です。

キャバクラマンツーマン(1対1)の接客が基本
ラウンジ複数キャストで複数または 1人のお客様を接客

キャバクラはマンツーマンで接客を行うのが基本方針ですが、ラウンジは複数のキャストで複数または 1人のお客様を接客します

自分のお客様ではなく、お店のお客様やママのお客様を接客するというイメージです。

そのため、売り上げを意識したり自分のお客様を掴んで育てていったりする必要はありません。

ラウンジとキャバクラ、客層の違い

キャバクラに来るお客様の層はキャバ嬢さん目当ての客層です。

特定のキャバ嬢さんを目当てにお店にやって来る、いわば「疑似恋愛」目当てのお客様が客層になります。

一方 ラウンジは、キャバクラと比較して女の子と一緒にわいわいがやがやとした雰囲気で飲むのが好きだという方が客層としては多いイメージです。

複数接客のため、特定の女の子を狙うという考え方にはなりにくいのでしょう。

このように一概に言い切ることはできませんが、大雑把な客層としてはそれぞれに特徴があることは覚えておくと良いでしょう。

ラウンジとキャバクラは出勤の服装が違う

ラウンジは、相応しい服装であれば普段の私服でも働くことが可能になります。

キャバクラは、「疑似恋愛」を楽しみに来ているお客様も多いため、キャバドレスなどで着飾って接客をすることが効果的です。

しかし、ラウンジは大人数で楽しむことが目的なので必ずしもキャバドレスで着飾らなければならないというわけではないのです。

そのため、勤務している女の子の中にはワンピースを着て働く女の子も少なくありません。

ラウンジの服装におすすめのドレス!

キャバクラの服装におすすめのドレス!

ラウンジとキャバクラの違いについてまとめ

キャバクラとラウンジの違い
  • 接客方法
  • 客層
  • 服装

キャバクラとラウンジにはこのように、多くの違いがあります。

キャバクラはキャバ嬢さん一人一人の個人的な営業の場であるのに対し、ラウンジはママを中心としたチームプレーの場であることから来ています。

個人的な営業を行うキャバクラでは、お給料にもバックがあるため給料も多くなりやすい。

しかし、逆にノルマに届かなかったり遅刻・無断欠勤をしたりした場合などは、ペナルティを背負わなければならない場合が多いです。

チームプレーであるラウンジではそういった給料の変動があまりありません。

売り上げに貢献したからといって高額なバックを得ることはありませんが、その代わりにペナルティを負うこともほとんどありません。

こういった違いも意識してみると面白いかもしれませんね。

あわせて読みたい
スナックとキャバクラの違いは?スナックの仕事内容をチェック♪ 夜のお仕事がはじめての方はお店選びに迷いますよね。 夜のお仕事の中でも比較的ライトなイメージのスナックは、未経験の方も働きやすくおすすめ! 今回は、スナックと...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次