キャバ嬢さんが知っておくべきルールや注意点を説明します

キャバ嬢さんが知っておくべきルールや注意点

キャバ嬢さんが知っておくべきルールや注意点

女性が憧れる職業ランキングにもランクインするキャバクラ嬢。そんなキャバクラやキャバ嬢にもいろいろなルールがあることをご存知でしょうか?

これからキャバクラの世界で働いてみたいと考えている方のために、キャバ嬢やキャバクラの知られざるルールについて紹介します。

キャバ嬢とは

まずキャバ嬢とは、キャバクラ(キャバレークラブ)と呼ばれるお店で女性が客席に付き接待を行う飲食店。女性従業員(キャバ嬢・キャスト)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」など、主に男性のお客様をターゲットとした接客業のこと。

抑えておくべきキャバクラのルールやマナー

キャバクラと言っても接客業であることに変わりはありませんので、基本的なルールや仕組みについて知っておく必要があります。働き始めてから覚えていく形でも問題ありませんが、先に知っておくことで心の準備ができ、スムーズに働き始めることができるかと思います。

キャバ嬢のテーブルマナーの基本

キャバクラとはトークの他にお酒やおつまみを提供するお店になるので、テーブルが汚れがち。そんなとき、キャストであるキャバ嬢さんがテーブルを綺麗にします。

テーブルが汚れていると気にするお客様もいらっしゃるので、それを綺麗にできないと顔が可愛くても気配りのできないキャバ嬢と判断されてしまい、ただの可愛い子で止まってしまいます。

それだとやはり指名もなかなか伸びていかない結果に繋がります。

おしぼりについて

おしぼりとは、お客様が来店されて一番最初にリラックスしていただく重要なもの。たかがおしぼりと軽率に扱わないよう注意しましょう。

  1. 来店時:おしぼりを渡す
  2. 使い終わったおしぼりは近くに小さくたたんで置く(三角形がメジャーですが、決まりがあるわけではなく見栄えが良いから)
  3. グラスに水滴がついてきたら拭く(自分のハンカチを利用するのがベター)
  4. お手洗いに立ったら、新しいおしぼりを用意する

おしぼりを渡す際は「笑顔」でおしぼりを開いてお渡しするのがマストです。

煙草について

お客様がたばこを吸う仕草を見せられたら、すぐにライターを出して火をつけてあげましょう。

ライターの着火は自分の手元でし、持ち手ではない方の手で火に手を添えてお客様の口元へ持って行きましょう。お客様の口元で火をつけると、万が一火が大きく出たときにお客様を火傷させてしまう恐れがあります。必ず自分の手元で付けてからお客さまのもとへ火を運びましょう。

  1. お客様のタバコに火をつける
  2. 灰皿に2本以上吸い殻が溜まったら灰皿を交換する
  3. 自分がタバコを吸いたくなったときはお客様に了承を取る

灰皿に関しては、ボーイを呼べば交換してくれるお店もあるので、入店時に確認しておくか働きながら知っていきましょう。

お酒について

カクテルなどはキッチンで作るの注文するだけで良いのですが、お客様がボトルを入れている場合はテーブルにてキャバ嬢がお酒を作ることになります。

ここでも注意点がいくつかるので覚えておきましょう。

  1. 乾杯をするときは両手でグラスを持ち、お客様よりも下にして乾杯する
  2. お酒をいただくときは必ず@いただきます」と一言添える
  3. ビールなど瓶やボトルを注ぐ際はお酒のラベルが上へ来るようにする
お酒の作り方
  1. 氷をグラスいっぱいに入れる
  2. マドラーを"左回しに"まわしてグラスを冷やす
  3. お酒→割り物の順で入れる
  4. 再度マドラーで"左回しに"混ぜ、グラスの水滴を拭き、お客様のコースターへ置く

お水の世界などでは "時計回り=時間が進む" という事で「はやく時間が経って欲しい」という意味があります。そういうことから、マドラーを混ぜる際も時計回りではなく、"反時計回り"で混ぜるようにしましょう。

ボトルセットを自分の近くに置くというのも抑えておくべきポイントです。

また、お客様がお酒を飲み切る前に気づいて「同じものでよろしいですか?」と声をかけるのも重要なポイント。
お客様がお酒を飲みきってからでは遅く、一番最後の氷辺りまで減った頃合いで声を掛けると良いでしょう。

キャバクラでの指名制度について

キャバ嬢さんが知っておくべきルールや注意点

はじめてのお客様にとって、このお店はどんな子が接客してくれるのだろう?と思いながら来店されます。

場内指名

キャスト(キャバ嬢)側としては、そういったお客様から指名していただくために接客を頑張ることになります。指名なしのお客様の場合、ほとんどのお店が複数のキャストで交代して接客します。3名程度のキャストで時間を決めて接客するケースが多く、その決められた時間の中でお客様に「あなたともう少し話していたい」と思わせることが大切です

そこで指名をしていただけると「場内指名」となります。

本指名

本指名は、お客様があなたを目当てにお店へ来店されることを言います。「お目当てのキャバ嬢さんを指名する」という意味ですね。

この指名の数が多いキャバ嬢さんほど稼いでいるキャバ嬢さんということになります。

場内指名でお客様と仲良くなり、そこから本指名にしてもらえるよう繋げていくことが重要です。

キャバクラでのヘルプについて

「ヘルプ」という言葉はキャバクラではよく使われる言葉。

ヘルプとは、help・・・助けるという意味で、言葉通り「ほかのキャストを助ける」ことをヘルプと呼びます。

つまり、キャバクラでのヘルプというと「ほかのキャストを指名しているお客様の席につくこと」をいいます。

自分のお客様ではない方を接客することになるので、普段の接客とは違った接客が必要になります。
大切な注意点があるので、しっかり覚えておきましょう。

ヘルプについての注意点

キャバ嬢さんのヘルプルールは注意点が多いです。

  1. あいさつをきっちりとする
  2. お客様にベタベタしない
  3. 名刺は渡さない
  4. 指名のキャバ嬢さんの話題は避ける
  5. 自分からドリンクを頼まない

です。

第三者的に見て、他のキャバ嬢さんのお客様を取ろうとするような行為は厳禁。

余計なトラブルを起こさないように注意しましょう。

逆にヘルプについてもらうことがあれば、ヘルプでついてくれる子に「よろしくお願いします」と「ありがとうございました」のあいさつをきちんとしましょう

キャバ嬢さんが気をつけるべき会話のマナー

接客業であるキャバ嬢は、会話についても気をつけるべきマナーがあります。
注意点は以下の5つ。

  1. 仕事の話はお客様からでるまで話を振らない
  2. 宗教、政治、野球の話では自分の意見を言わない
  3. 他のお客様や他のキャバ嬢の悪口は言わない
  4. お客様の話の腰を折らない
  5. 暗い話は避ける

仕事のことを忘れて楽しみに来ているお客様に対して仕事の話をしてしまうと元も子もありません。
お客様ご自身から仕事の話をされるまで、仕事の話はできるだけ避けるようにしましょう。
仕事の話をされたときは全力応対。愚痴を聞くのか、承認欲求を持っているのか、お客様によってさまざまですが、うまく盛り上げて気持ちを楽にさせてあげてくださいね。

聞き上手で話し上手というのはなかなか難しいものですが、お客様の話をよく聞き、お客様と気持ちよく会話できるよう心がけましょう。

接客について

1.じゃあ接客で気をつけることは?

まずキャバクラに来店されるお客様は癒やされに、日々の愚痴を聞いてほしいから
キャバクラへ来られます!
ちゃんと相手の話を聞いてしっかり相づち、リアクションを取れることが出来たらOK!

2.でも始めての接客・・緊張するなぁ・・

誰でも初めから器用に売れっ子キャバ嬢になったわけじゃないよ!
ニコニコ笑顔で接客出来たらまずスタートはOK!
やっぱりムスっとしてる子より愛嬌ある子のほうが可愛いよね!
その基本が大事!

3.少しレベルアップしたらボディタッチもしちゃおう!

「お客様に寄り添う」という意味を込めてのボディタッチ。
男の人はやはり女の子とくっつきたいと思うもの。
悩み相談をされたときにそっと手を重ねるだけでもグッと心奪わるものです。
大事なポイントでボディタッチが出来れば人気キャバ嬢への道も広がるかも!?

4.お客様へのお礼のメールは翌日お昼頃に!

会社員のお客様なら12時頃はほとんどの方がお昼休憩に行かれる時間帯。
そのときにお礼&お仕事頑張ってねのメールで好感度up!
もちろんお礼だけではなく、同伴の約束や営業メールも
この時間帯なら返信率も高いので、その日の来店予定を組みやすです。

5.どんなメールが効果的?

「特別感」が大事!
男性は「特別」「はじめて」というワードが大好物です。
メールでも「あなたは特別な人だから・・」や、同伴のお約束をするするのにも
「ここのお店行ったことない!はじめて行くのはアナタとがいいな」など
そういった"特別感"を出していけば同伴回数も増えるはず!

キャバ嬢さんのお給料について

キャバクラの給料システムというのは複雑で、お昼の仕事経験が長い方の場合なかなか理解できないことが多いかもしれません。

ポイントスライド制

多くのキャバクラ店で採用されている方法であり、もっともスタンダードな給料システムが「ポイントスライド制」です。

これは「本指名や場内指名、同伴などの回数をポイントとして変換し、ポイント数で時給が変動するシステム」となります。
ポイントによって時給が変動しますが、ポイントの換算率などはお店によってさまざま。入店するお店で確認しましょう。

売上スライド制

本指名の売上合計金額によって時給が変動するシステム」を売上スライド制と呼びます。

ポイントスライド制と似たようなシステムで、ポイントとなっていた箇所が売上合計金額となるだけの基本的には同じようなシステムです。

  1. 売上合計金額が10〜20万円の場合:時給3500円
  2. 売上合計金額が20〜30万円の場合:時給3700円

といったようなイメージです。

一度の接客でたくさんのお金を使ってもらえるキャバ嬢さんは、「売上スライド制」がより稼げるシステムとなります。

売上&ポイントスライド制

「売上&ポイントスライド制」は、売上とポイント双方を利用したシステムで「お客様の数と売上をバランスよく評価するシステム」です。

お給料の制度についてはお店によって採用されている制度が違うので、最初に確認したいですね。

インセンティブ(バック)の種類

キャバ嬢さんのお給料は時給だけではなく、バックと呼ばれるインセンティブもお給料として入ります。

  1. 本指名バック
  2. ボトルバック
  3. ドリンクバック
  4. 同伴バック
  5. 売上バック

本指名バックはその名の通り、本指名をしてもらえると発生するインセンティブ。
金額的にはだいたい500円〜1,500円のお店が多く、指名してくれるお客様が多ければ多いほど稼げます。

どれも名前通りのインセンティブで、発生するインセンティブの%や金額はお店によってさまざま。

これも最初に確認していたい項目ですね。

こういったバック制度があることから、キャバ嬢さんが稼ぎやすい職業としてあげられるのでしょうか。

まとめ

「キャバ嬢のルールや知っておくべき注意点」としてたくさんのルールを紹介しました。

上記で紹介したもの以外にも、無断欠勤・遅刻は厳禁です。
社会に出てお金をもらって働くということは、最低限の社会的ルールは守らなければなりません。
それでもそういったルールを守れない人もいる中で、きちんと守れていればそれだけでプラス評価にもつながるかもしれません。

キャバクラで働くうえでの基本的なルールは入店時にお店から教えてもらえるはずですが、すべてを教えてもらえることはなかなかありません。

キャバクラで働こうと考えている方、働き始めた方はここで紹介したことを覚えておきましょう。

 

 

関連

いらっしゃいませ、$LAST_NAME$

現在$POINT$ポイントご利用可能です。

カテゴリ一覧

キャバドレス通販【Ryuyu(リューユ)】当店ではキャバクラ ドレスやキャバスーツ・小悪魔ageha系ワンピース、ホステスさん用ドレスを激安にて販売しております!新商品も随時入荷♪ひご覧ください♥