キャバドレスを長持ちさせる洗濯法

お気に入りのキャバドレスがすぐ劣化しちゃってない?正しい洗濯とお手入れで長持ちさせよう♪

お気に入りのドレス

お気に入りのキャバドレスを自分で洗うと、清潔に着ることができるだけでなく、クリーニング代の節約になります。
しかし、丁寧に扱っているつもりなのにすぐ劣化してしまう現象におちいっていませんか?劣化を防ぎ、長持ちさせることができる正しい洗濯とお手入れの方法、自分で洗う時の注意点を詳しく紹介します。

おしゃれ着洗剤とネットは必須!

おしゃれ着洗剤で洗ったドレス

キャバドレスは、繊細なレースやビーズがついていたり、デリケートなおしゃれ着用の生地を使っていたりするため、洗う時には洗濯ネットとおしゃれ着洗剤が必要です。
いつも使っている洗剤は弱アルカリ性で汚れ落ちを重視しているため、キャバドレスに負担を掛けてしまいます。
中性のおしゃれ着洗剤には、衣類への負担を軽減するとともにふんわりと洗い上げる性質があります。
またデリケートなキャバドレスをそのまま洗濯機に入れると、生地がこすれてダメージを受ける可能性があるので、洗濯ネットに入れて生地同士の摩擦を防ぐことがおすすめです。
洗濯ネットを使う時には、キャバドレスを軽く畳んでから入れるようにしましょう。
小さいネットに押し込むときれいに洗うことができないので、余裕を持った大きさのネットを用意してください

「洗濯表示」は必ず確認しよう!

衣類には洗い方を示す洗濯表示が、服のすそや脇などに付いています。
Tシャツなどの強い繊維で作られている丈夫な衣服は、洗濯機で洗えるマークがついていますが、キャバドレスなどのデリケートな衣類には手洗いマークがついていることが多く、おしゃれ着洗剤で洗うことができます。
セーターやコート、浴衣やスーツなども自分で洗うことができる物が多いので、表示をチェックしてみましょう。
水洗いができない生地のキャバドレスには、表示のところにバツ印が付いています。
バツ印が付いている場合は、特にデリケートで洗濯をすると生地が傷んだり、縮んだりして劣化してしまう恐れがあります。
家で洗うことはせずに、汚れたらクリーニング店に出すことをおすすめします。

干す時は型崩れに気をつけて!

手洗いマークがついているキャバドレスの多くは、おしゃれ着洗剤とネットを使うことで、洗濯機で洗うことができます。
標準コースではなく、生地への負担を軽減し優しく洗うことができるドライコースや手洗いコースを選ぶことが注意点です。
脱水をするときには、長くなるほどシワや型崩れの原因になるので、10秒から30秒程度までの短い時間で済ませることがポイントです。
塗れたままにしておくとシワになるので、脱水が終わったらすぐに取り出し、軽いドレスなら風通しが良く日の当たらない場所に吊って干します。
重みがある場合には、吸っている水の重みで縦に伸びてしまう可能性があるので、タオル掛けやピンチハンガーの天面を利用して平干しにすることで型崩れを防ぐことができます。

手洗い表示にも対応できるようにしよう!

手洗いが必要なドレス

大切なキャバドレスやビジューやレースがたっぷりと付いているキャバドレスは、手洗いすることもおすすめのお手入れ方法です。
キャバドレスは洗濯機で洗うことができますが、手で洗うことでさらにやさしく洗うことができるため、手間が少しかかりますが劣化とダメージを最小限にすることができます。
洗面器に水をためて、適量の洗剤を入れたら、優しく押したり離したりしながら汚れを押し出していきます。
軽く畳んでネットに入れて一度軽く脱水した後、洗面器にきれいな水を入れなおして、泡がなくなるまで優しくすすぎましょう。
最後に大き目のバスタオルで挟んで水分を取って干します。繊維に負担がかからないようにつけおき洗いやもみ洗いはしないように注意しましょう。

おわりに

お気に入りのキャバドレスに、食べ物や飲み物のシミやにおいが付いていると、せっかくのドレスが台無しです。
手洗いマークがついていれば家で洗うことができるので、清潔さを保ちいつも気持ち良く着ることができます。
おしゃれ着洗剤を使いネットに入れてやさしく洗うことと、しわにならないように脱水すること、型崩れを防ぐように干すことに気を付けてお手入れをしましょう。

 

 

いらっしゃいませ、$LAST_NAME$

現在$POINT$ポイントご利用可能です。

カテゴリ一覧

キャバドレス通販【Ryuyu(リューユ)】当店ではキャバクラ ドレスやキャバスーツ・小悪魔ageha系ワンピース、ホステスさん用ドレスを激安にて販売しております!新商品も随時入荷♪ひご覧ください♥