これであなたも一流キャバ嬢!ロングドレスの着こなし術

シックでゴージャスなロングドレスは、キャバ嬢だからこそ着こなせる職権アイテムのひとつ。でも、特殊なドレスだからこそ、その着こなし方をきちんと把握している女性もすくないのでは?
そこで今回は、ロングドレスの上手な着こなし方についてご紹介します。

■ロングドレスのベストな裾の長さとは?

「くるぶし丈」や「地面をするほどの長さ」など、ロングドレスの裾の長さはさまざまです。そのなかで、もっとも見栄えが良いとされるロングドレスの裾の長さは、「ヒール上1cm」です。
裾が地面に擦れる長さのドレスはゴージャスですが、上手く着こなせないと「だらしなく」みえてしまうこともあります。でも、ヒール上1cmであれば、ロングドレスの魅力を最大限に活かしながらも、「上品」な印象にまとめることができます。
さらにハイヒールをチラ見せすることもできて、女性の美しさを最大限に引き出すこともできます。
他にも、ヒール上1cmの裾であれば、裾が地面に擦れて汚れたり、踏まれたりする心配もないため、安心してお客さんとお話をすることができます。


■小物はコンパクトに

面積の広いロングドレスは、それ1枚でインパクト抜群のアイテム。そんなロングドレスの魅力を最大限に活かすためには、合わせるアクセサリーは小ぶりだったり、華奢だったりするデザインを選びましょう。足し算引き算がされた、大人らしいエレガンスな印象に仕上がりますよ♡ 反対に、大ぶりなアクセサリーを合わせると、全体的に派手で下品な印象になることもあります。ビッグモチーフのアクセサリーなどを合わせたいときは、ドレスをモノトーンの落ち着いたカラーにしたり、シンプルなスレンダーラインのドレスにしたりして、ファッションの引き算をしましょう。


■ロングドレスにおすすめのヘアースタイル

シックで大人っぽいロングドレスの魅力を最大限に引き出すヘアースタイルは、ロングヘアーです。サイドアレンジやハーフアップ、巻き髪や盛り髪などロングヘアーを活かしたヘアアレンジをすれば、落ち着いた「いい女」風に。もちろん、ショートヘアーやボブヘアーでもロングドレスを着こなすことはできますが、襟足ウィッグなどを付けてヘアアレンジしてみると、ロングドレスの魅力がもっと引き立ちますよ♡


■ロングドレスの裾が長すぎる場合は……

「購入したロングドレスを着てみたら、裾が長すぎた」という経験のある方は多いはず。そんなときは、「丈つめ」がおすすめです。クリーニング店や服のリメイクショップなどに持っていくと、丈つめをしてもらえます。せっかく購入したお気に入りのロングドレスは、オーダーメイドでリメイクして着こなしちゃいましょう♪