キャバロングドレスについて

キャバクラで働く女性の年齢層はさまざまで、そんなキャバ嬢が着るキャバドレスもさまざまです。 キャバドレスには、ロングドレスやミニドレス、キャバワンピやキャバスーツなどの種類があります。

ここでは、そんなキャバドレスの種類の1つ「キャバロングドレス」についてご紹介します。


■キャバ嬢が抱えるコンプレックス

キャバドレスを着るキャバ嬢の中には、「生脚を見せたくない……」 「脚を隠したい……」と考える方はたくさんいます。

脚が太いことに悩みを抱えていたり、ムダ毛の処理が面倒だと感じたり、 見せられるようなキレイな肌をしていないなどと脚にコンプレックスを抱える女性は少なくありません。

また、キャバミニドレスを着ることに対して抵抗を感じる方もいるかもしれません。

ミニドレスというと活発で若々しいイメージがあるため、 30歳前後などキャバ嬢の中でも年齢層が高めの女性がキャバミニドレス着てしまうと 多くの方に違和感を持たれてしまうことから、それを着ることを躊躇する女性少なくありません。

このように、脚にコンプレックスを抱えていたり年齢が気になったりするキャバ嬢には、 「キャバロングドレス」がおすすめです。


■キャバロングドレス

キャバロングドレスとは、丈の長いドレスを指します。 デザインにもよりますが、基本的には足首あたりまで丈があるため、 脚を露出することはありません。

全体的に脚を隠すことができるため、脚のコンプレックスをカバーすることができます。 また、キャバロングドレスは切り替えが高い位置にあるため、脚を長く見せる効果もあります。

脚のコンプレックスがカバーできるだけでなく、脚長美脚効果もあるのです。

他にも、キャバロングドレスにはどの年齢層の女性でも着こなせるという利点があります。 そのため、年齢を気にすることなく着ることができるのです。


■キャバロングドレスの着こなし方

キャバロングドレスとは、きちんと着こなさなければ不格好になってしまうドレスでもあります。

特にドレスの裾の長さが合っていなければ、せっかくの美脚効果も台無しです。 キャバロングドレスを美しく着こなすためにも、自分の身長に合った裾の長さを選ぶか、 裾の長さを調節しましょう。クリーニング店や服のリメイク店などで裾の調節ができます。

ベストな裾の長さは、「ヒール上約1cm」といわれています。 ヒールが隠れてしまうと「裾が長すぎる」という印象を与え、 裾を踏んでしまい転んでしまう可能性もあります。

ヒール上約1cmだと、裾を踏んでしまう可能性も低く、オシャレなヒールを見せることもできます。


■おすすめのキャバロングドレス

おすすめのキャバロングドレスとして、Ryuyuのスリット美ラインタイトロングキャバドレスがあげられます。

切り替え位置がペプラム型となっているため、気になるポッコリお腹もしっかりカバーできます。

また、アシメフリルシフォンロングドレスもおすすめです。 シフォン素材でタイトすぎず、広がりすぎずのデザインとなっているため、 体型を気にせず楽に着こなすことができます。

このように、脚のコンプレックスをカバーし、年齢を問わず誰でも着ることのできるキャバロングドレスは、 Ryuyuの通販サイトからでも簡単に購入することができます。

女性の品格を上げてくれるキャバロングドレスを着こなして、男性を魅了しちゃいましょう!